作品一覧

トップ > 博多・中州 > 博多リバレインの美術館、演劇、フード

博多リバレインの美術館、演劇、フード

ファイル hakatariverain.jpg

博多リバレインは、ショッピング施設と文化施設が融合した、素敵な場所です。ショッピングを楽しみながら、様々な催しを楽しむことも出来、訪れたら確実に楽しめるスポットです。

劇場「博多座」

博多は元々伝統的なお祭りや演劇の盛んな土地です。そんな全国屈指の芸どころである博多の文化をさらに盛り上げよう、と作られたのがこの博多座です。
「博多座」などというと、歌舞伎とか、わりとお年寄り好みの演目しかないかと思われるかも知れませんが、そんなことはありません。ミュージカルなど、若い人が喜ぶイベントも沢山開かれています。オーケストラボックスなどもあるので、名前の割に、意外と現代的なのです。自分も何度か、ここでミュージカルを楽しんできました。

福岡アジア美術館

「アジア美術館」というだけあって、アジアに関する展示はものすごいものがあります。アジアの近代美術を収集する美術館というのは、世界でここだけらしいです。
何でも「専門」という場所に行くと様々な発見がありますが、ここでもアジアの美術について考えさせられます。軍事力とか経済力で負けていたから、美術面でも西洋の方がすぐれていると勘違いして、私達は西洋の芸術を真似てきたわけで、今もポップ音楽を聴いたりしているわけですが、「もしかしたら、芸術ってもっと広い世界なんじゃないか?」とここの展示を見ていて考えさせられました。
…と、真面目なことを考えたのはほんの一瞬で、一番印象に残っているのは、ここのカフェで食べられるアジアンランチです。アジア美術館で食べるアジアンランチというのは、格別な味でした。

飲食店

飲食店も沢山あります。和洋中に加えて、カフェやバーもあります。ひつまぶしとトンカツの専門店があるのですが、自分はここでひつまぶしを初めて食べたので、とても印象に残っています。ひつまぶしというのは、とても美味しいものなんですね。今まで知らずにいて損した、と思いました。
バーもあるので、夜遅くにいっても大丈夫です。バーは夜12時くらいまで空いています。バーに行ったことはありませんが、知人は愛想のいいバーテンダーの方が、とても美味しいカクテルを作ってくれる、と証言しています。

まとめ

このように、博多リバレインは、演劇も美術も食事も楽しめる、九州でも指折りと言っていい、素敵なスポットです。これから行く人も、すでに常連の人も、ぜひまた遊びに行ってください。

所在地:〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町3-1
アクセス:JR博多駅より地下鉄約3分、「中洲川端」駅直結

写真提供:福岡市

2012年06月30日 登録